【映画】ドラゴンボール超ブロリーを息子と観てきたよ【感想】

2年前、小4息子と冬休みに映画デートしてきました。
『ドラゴンボール超 ブロリー』です。

『超ブロリー』ではありません。『超 ブロリー』です。スペースあるよ

映画館で観ると映像や音がド迫力!
息子と共に大満足してきましたのでご紹介します!

目次

ドラゴンボール超ブロリーを息子と観てきたよ

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

私は小学生の頃からドラゴンボール&悟空が大好き!

コミックは今でも家に全巻あり。
アニメや映画もほぼ全部観てます。

実写映画だけは受け入れられず観てません。笑
あ…GTも見てなかった…。パンちゃんがあまり好きではなくて(^^;

小中学生の頃、悟空と結婚したいと思ってた…。チチが憎かったな~。笑

息子も私の影響かドラゴンボールを好きになってくれて、コミックもアニメも観るようになり、いつも一緒に映画も観に行きます。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

そんなドラゴンボールオタクな私が映画ブロリーの感想を書いていくよー!

映画ブロリーの時代設定

ドラゴンボール超のテレビアニメで力の大会が終わったあとのお話です。

悟空とブロリーはほぼ同じ年っぽいですね。
生まれたあと41年後、と書かれていたので2人とも41歳か42歳!?
私と同世代だー!わーい!

超ブロリー感想(ネタバレなし)

まず、絵が今までのアニメとは違うタッチでした。
ドラえもんも映画だと絵のタッチが違うんですよね。

しかしこれは予告の時点でわかっていたことでしたけどね。
よく言えば味があるというか。
私は原作の鳥山先生の絵がやっぱり1番好きですが。

ストーリーは、悟空たちが生まれてから現在のところまでの流れで進んでいくので、今までのことを整理しながら今に繋がっていくということで、わかりやすくなっています。

戦闘シーンは力が入っていました。
映画館では音も激しくド迫力!

いつも通り悟空とベジータは色んな色に変化していく戦いでしたし。笑
スピード感があり、途中からどうなってるんだかわからなくもありました(^^;

ブロリーは以前の映画にも登場していますよね。

 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 – Wikipedia

その映画でブロリーの印象は正直あまり良くなかったのですが、今回の映画ではブロリーの内面の良さも描かれていて、観終わったあとは少し印象が良くなりました。

あとひそかに気になっていたのがブルマの声優
久川綾さんに代わられたようですが、違和感なし!
ブルマでした!すごいなぁ!

三浦大知さんの曲もかっこよく、ドラゴンボールの世界に合っていました!

私はドラゴンボールZのCHA-LA HEAD-CHA-LAが好きなので、できればその曲が良かったけどねっ。
復活のFはZの曲でしたよね?流れた瞬間ひとり鳥肌立ってました。笑

感想(ネタバレあり) 

すみません、ここからはネタバレありの感想も書かせていただきます。
見たくない方は最後に飛んでね(‘ω’)ノ

とにかく1番言いたいことは・・・

『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』

↑この映画の話、、、

なかったことにされてる!?

原作とは違うお話だからしょうがないのかもしれませんが・・・

この映画で圧倒的に強かったんですよ!ブロリー!!
それが悟空達が仲間と協力してやっとのことで倒したのですが、その復讐にやってきたのかと思いましたよ。

しかし今回、悟空とブロリーは初対面。

さらにブロリーはけっこういい奴設定。
父がやられたら本気パワーで怒るし、慕ってくれる友達もできた。
さらには悟空ともなんとなく分かり合えた様子。

悟空は強いやつへのボランティア精神がハンパない。
魔人ブウの生まれ変わりのウーブの時もそうだが、ブロリーのこともきっと一生助けていくのでしょうね。

息子が数日前にこの『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』をDVDで見て予習していたのですが、あまり意味がなかったという。笑

もう一つ気になったことがあります。

悟飯、全然出なかったよね!!!

セル編で悟飯に主役がバトンタッチされたかと思われたのに!
そのくらい悟飯の立ち位置が前に出てきてると思われたのに!

地球でこんなにデカい気の戦いがあったというのにっ!
普通気づくよね!?

あと疑問なのですが、スーパーサイヤ人ゴッドの力を1人でも出せるようにしたのがブルーじゃなかったでしたっけ?
ゴッド、悟空もベジータも使ってましたね。
なぜブルーと使い分ける?同じ力じゃないのか?

ゴッドだと悟空もベジータも顔がかわいくなるからいいんだけど…ちょっと気になりました。

最後に

サイヤ人とフリーザの関係を、改めて再確認することができた今回の『ドラゴンボール超 ブロリー』。

バトルシーンの迫力はもちろんのこと、懐かしいフリーザ軍の面々やベジータがどんどんおちゃめになっていく様子など、ドラゴンボールファンなら絶対に楽しめる作品だと思います。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

やっぱりいつまでも悟空は最強で最高にカッコイイ☆

Amazonプライムで観られます♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる