MENU
アーカイブ
ゆずいろ
中1小5兄妹のママです。一家でゲーム好き。
主婦のスキマ時間にちょっとできる趣味のこと(主にゲーム)や、Nintendo Switchでの困ったこと・ゲーム記録などを主婦目線で綴っています。
好きなゲームはスプラトゥーン2・ドラクエ・FFシリーズ。

劇場版「呪術廻戦0」の感想|まだあった0.5巻!

呪術廻戦0感想
  • URLをコピーしました!

「鬼滅の刃」に続き、最近では中学生の息子と「呪術廻戦」にハマっています。

「呪術廻戦」は、週刊少年ジャンプで連載中の”呪い”をテーマとした大人気漫画です。

アニメも既に第2クールまで放送され、人気はどんどん上がっていますね。

そして今回の映画化「呪術廻戦0」は、本編の1年前のお話となっています。

私は、

  • 呪術廻戦0巻は既に読んでいる
  • テレビアニメはすべて鑑賞済

という状況です。

この映画の感想を一言でいうと、「呪術廻戦が好きまたは興味があるならぜひ観てほしい。超面白かった!」と言いたいです。

ゆずいろ

それでは興奮冷めやらぬ前にいきましょー!

目次

劇場版「呪術廻戦0」の見どころ

作中の「百鬼夜行」の宣言通り、12月24日に公開されるという、なんとも粋な計らいです。

呪術廻戦の本来の主人公、虎杖悠仁は今回は出ません。(まったく)

虎杖たちが入学する1年前。パンダたちがまだ1年生の頃のお話。

映画の主人公は「乙骨優太(おっこつゆうた)」

伏黒が尊敬する呪術師の1人。

特級呪術師なので一体どのくらい強いのかな~とワクワクしていたら、超ヤバい怨霊に憑りつかれていて困っていたところに、五条悟に呪術高専に入るように勧められるところから始まりました。

怨霊は初恋の女の子で幼少期に事故死してしまった、里香。

思いあっていたので、乙骨に危害を加えようとするヤツには、里香からメッタメタのギッタギタにされてしまうのです。怖

呪術高専に入学し、里香の呪いを解く決心をする乙骨。

同級生の真希・棘・パンダと仲良くなってきたところに、五条の親友であり呪詛師(悪い呪術師のこと)の夏油傑が現れ、理想の世界を作るために里香を狙ってくる。

ゆずいろ

はたして乙骨や高専メンバーは夏油の野望を阻止できるのでしょうか?

見どころ①声優

  • 乙骨優太:緒方恵美
  • 折本里香:花澤香菜
  • 禪院真希:小松未可子
  • 狗巻棘:内山昂輝
  • パンダ:関智一
  • 五条悟:中村悠一
  • 夏油傑:櫻井孝宏

乙骨の声は発表前からファンは色々予想していたと思います。

私ははなちゃん(花江夏樹)を予想してたんだけど、見事にはずれました。笑(さすがに炭治郎もやってるから、ないか…)

完全に男性ボイスしか頭になかったので、まさかの緒方恵美さんでした…!!

エヴァンゲリオンは観たことがないので、先入観なく観ることができました。

ゆずいろ

優しい乙骨のイメージには合っているね!
でも本音では男性ボイスが良かった。

意外な配役としては、

  • ミゲル:山寺宏一

ですね。

ゆずいろ

大物キター!興奮した!でも合ってる!!

見どころ②0巻で描かれていない人物の活躍

七海や冥冥、京都校メンバーは0巻では出ていません。(よく見ると冥冥は発見できた。笑)

その後の本編内で話には出てきていたけど、ビジュアル化したのは初めてでビックリ!!

百鬼夜行の京都の様子は漫画では描かれていなかったので、ここは見どころです!

ゆずいろ

京都校の生徒たちの活躍も見逃さないようにね!

見どころ③さらにカッコいいバトルシーン

アニメーションならではのバトルシーンは見もの。

呪術廻戦のバトルシーンは音楽もカッコいい。

アニメを見ていると、五条先生のバトルシーンって意外と少ないんですよね。

やっぱり主役は虎杖だから?

ゆずいろ

なのでぜひ堪能すべし♪

\ 原作はこちら /

劇場版「呪術廻戦0」の感想(ネタバレあり)

ここからは映画の感想をお話していきます。

観てきた日の私のツイートです。(アカウント名が違うのは気にしないでね)

公開からだいぶ日にちが経ってからで平日だったのもあり、映画館はとっても空いていて快適でした。

おじいちゃんも観に来ていたりしてホッコリ^^

そして入場者特典が!!あったんです、まだ!!

駅近の人気の映画館では既に終了と書かれていたので、ダメ元で少し離れた映画館に。

配布終了の文字はなかったのでドキドキしながら行ったら…あった♪

ゆずいろ

0.5巻、ちょっと期待していた内容とは違いましたが、息子が喜んでくれたのでヨシ!

原作がより美しく再現される

0巻は話の流れが良く、読んだ後の満足感が高かったんです。

それを映画でより美しくアニメーション化されているので、全体的にさらに満足度が上がり観て良かったなぁと思いました。

  • はじめは弱い乙骨がだんだん心も力も強くなっていく
  • 棘の呪言シーンいっぱい♡
  • ナナミンの黒閃
  • 五条vsミゲル
  • 五条と夏油の最後のシーン

やっぱりアニメだと特に棘がイケメンなので、そこに注目してしまいますね。笑

吐血しながらも仲間のために戦う姿にじーんとしました。

そしてナナミン!!

息子がナナミンファンなので、登場した時は私も興奮しちゃいました。

しかも噂の「黒閃4連発」してた!って息子が言ってて、ここでやったのかぁと伏線回収?でした。笑

里香と乙骨の関係が丁寧に描かれていて涙

原作ではポンポンと話が進んでいるところを丁寧に描いていて、幼少期の部分も追加されていたようです。

特に最後の里香とのお別れのシーンに涙してしまいました。

呪霊の里香が怖いので乙骨が従ってる感があったけど(スミマセン)、本当に好きだったんだなぁと伝わってきました。

原作やテレビアニメを観ていない人にはちょっと…?

百鬼夜行で京都の様子をプラスするのは、テレビアニメを観ている人にはとっても興奮シーンだったけど、観ていない人には「誰?」ってなったんじゃないかなーと感じました。

ゆずいろ

なので、呪術廻戦0を最大限楽しむには、できればテレビアニメのシーズン1・2を観てからがベスト…!

最後に

Twitterでは初めて呪術廻戦を観たという方もいたけど、それでも楽しめたようです。

ゆずいろ

バトルシーンが迫力なので、ぜひ映画館で観てほしい映画でした!
あっ、エンドロール後もお見逃しなく☆

\ 原作はこちら /

放送された本編アニメもアマプラ等で観られますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中2小6兄妹のママです。
主婦のすきま時間にちょっとできる趣味のこと(主にゲーム)。
Nintendo Switchでの困ったことやゲーム記録などを主婦の目線で綴っています。
好きなゲームはスプラトゥーン2・あつまれどうぶつの森・ドラクエ・FFシリーズ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる