鬼滅の刃をAmazonプライムビデオで見た感想と考察

長かった休校期間中にAmazonプライムに入会しました。
子供達が「ひまーひまー」と言うのが口癖になっていて、少しでもそれが緩和されればと。

見たかった映画を見尽くしたあと、漫画もアニメも大人気の「鬼滅の刃」を見てみようかというお試し感覚で見てみたら…

\見事に親子でハマってしまった!/

この漫画(アニメ)は、家族や仲間の絆が熱く、敵である鬼のエピソードも事細かく設定されており、戦闘のドキドキから人間関係、過去のことからの納得や感動…とにかく見応えがすごく、続きを見たくなる物語です。

そして映像もきれい…!

アニメ化された内容の感想と、ちょっとした疑問や考察も挟みながらお話していこうと思います。

今回はアニメ化された部分を知っているという前提で書いています。
まだ見ていない方は見終わってから読んでいただけると嬉しいです。

目次

鬼滅の刃アニメ感想と考察

主人公は「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」
声優は花江夏樹さん。(おはスタのはなちゃんだ!と歓喜)

8人家族の長男。(父は既に病気で他界)

こんなに優しいお兄ちゃんって、いる!?ってくらい優しい。
家族はもちろんのこと、仲間や敵の鬼にも心から寄り添う。

殺伐とした鬼との戦いでも、最後に優しい気持ちになれるのは、炭治郎の性格のおかげかもしれない。

さらに優しいだけではなく、相当な努力家タイプ。
苦労して強くなっているところにも共感を呼ぶのかも。

残酷な始まり

物語は衝撃的な第一話から始まります。
タイトルが「残酷」だったのでそこからうすうす想像できちゃいました(^^;
(ちょっと”ふしぎ遊戯”という漫画を思い出した私です)

鬼に襲撃された家族の中で唯一生き残ったが、鬼にされてしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すべく、さらに家族の仇を討つために炭治郎は旅立ちます。

こんなに悲しく、辛いオープニング…衝撃的過ぎます。
でもこれだけの出来事が起こったからこそ、強い意志をもって鬼と命をかけて戦えるのかもしれないですもんね。

あの夜、家に戻っていたら?

冨岡義勇が間に合っていたら?

と、あとから考えたらキリがないけど。
(まぁ、2人ともやられちゃって物語が始まらないよね。笑)

小さな疑問

  • 禰豆子のくわえている竹は誰が付けた?(義勇?)
  • 禰豆子は人間の時より鬼になってからの方が可愛いような?(見た目)
  • 竹はおそらく義勇さんだろうけど、原作では描かれているのかな…?(アニメ化された部分の原作は読んでいないので不明)
  • 禰豆子は髪の毛をおろしている方が可愛いからそう見える?
ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

禰豆子可愛いけど、うちの娘はカナヲ派…!

鬼殺隊に入り仲間と出会う

炭治郎は鱗滝(うろこだき)さんのもとで水の呼吸の修行を受けて、最終選別という鬼狩りになるための試験を受けます。
大変な試練でしたが、晴れて鬼殺隊に入隊。

善逸(ぜんいつ)と伊之助(いのすけ)という、おもしろ仲間、いや、親友と出会います。

そこから炭治郎の鬼狩りとしての長く険しい物語が始まりました。

善逸は極度の怖がりなのですが、めちゃくちゃ面白いですよねー!
声だけ聴いているとかなりうるさいのですが、善逸のもたらすエッセンスが最高に良い。

時にはツッコミ、時にはボケで。
いざとなれば強いし。そこが痺れる。

伊之助もこれまた面白い。
こちらもまた叫んでばかりでうるさいのですが。笑

だんだん頼りになる仲間になってきます。
心が澄んでいる人に「ほわ~ん」となるところが好きだなぁ。

宿敵・鬼舞辻との出会い

ある日、鬼の大ボス鬼舞辻無惨(炭治郎の家を襲撃した本人)と偶然出会います。

鼻が利く炭治郎がにおいで気づいたこともあり、家族の仇はこいつなんだろうと思われます。
鱗滝さんもこいつだと言っていたような…?

鬼だけど、鬼舞辻を倒したいと思っている「珠世さん」「愈史郎さん」とも同時に出会います。

初めての十二鬼月戦

鬼舞辻の直属の部下の十二人の鬼は「十二鬼月」(じゅうにきづき)と呼ばれています。

十二鬼月はその辺の鬼とは桁違いな強さになります。
その中でも下っ端の鬼ですが、炭治郎達は初めて相まみえることに。

鬼殺隊の先輩達は何人もやられてしまい苦戦を強いられますが、炭治郎と禰豆子はとうとう新しい力に目覚めて鬼を追い詰めました。

でも、、倒し切れず。

ピンチにお助けマンのごとく現れた冨岡義勇に助けられます。

十二鬼月ってこれほどまでに強いのか~。
でもそれを一瞬で仕留める義勇さん。強い…カッコイイ…。

ちなみに炭治郎が新しい力に目覚めた回は「神回」と言われているそうで、映像が美しく、エンディングも炭治郎の曲で終わるのが感動的ですね(^^♪

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

あの曲で家族の思い出が流れるのは胸が熱くなり泣ける…!

柱が揃う

鬼殺隊の中でも最高の力を持った人たち=柱といわれています。
柱合会議のこの時点では9人います。

柱も鬼に家族や友人を奪われた過去を持ち、鬼への恨みは相当なものです。

9人それぞれが少々変わっていてヤバそうな雰囲気がビンビンきますが、根は優しい人たち。

これからは柱たちと一緒に、さらに鬼との激しい戦いへと突入していきます。

私の推しはやっぱり水柱の冨岡義勇かなぁ♪不器用すぎてかわいいけど、めちゃくちゃ強いからかっこいい。
それぞれみんな素敵なんですけどね。
恋柱のみつりちゃんも応援したくなります。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

柱はめちゃくちゃ強いから、一人ずつどんな戦いを繰り広げるのか楽しみ!なぜ柱になったのか?と、それぞれの過去も興味深い。

物語は無限列車編へ…

このあと物語は「無限列車編」へと突入していくことになります。

予告編で既に鳥肌もの。

鬼舞辻によって強くなった下弦の鬼との戦い、炎柱・煉獄さんとのストーリー。
アニメだと声もあり、映像も美しい。
楽しみすぎちゃいますね。

秋の映画化まで待つか、コミックを読んでしまうか…。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

でも私も子供達も待てなかった…!
次が読みたくなるストーリーで、こんなにハマったのは久しぶり。
コミック7巻から読み始めてるよ!

劇場版無限列車編公式サイト

アニメの続きはコミック7巻から

この記事を書いた人

小学生兄妹のママです。
主婦のすきま時間にちょっとできる趣味のこと(主にゲーム)。
Nintendo Switchでの困ったことやゲーム記録などを主婦の目線で綴っています。
好きなゲームはスプラトゥーン2・あつまれどうぶつの森・ドラクエ・FFシリーズ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる