【映画】スター・ウォーズ~スカイウォーカーの夜明けを息子と観てきた【感想】

劇場で『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』を、小5の息子と観に行ってきました。

スター・ウォーズ、実は大好きなシリーズです。
今回はスカイウォーカー家の物語の完結編ということで、ぜひとも劇場で見たかったのです!!

それでは感想を書いていきます!

目次

スカイウォーカーの夜明け 作品情報

劇場予告(吹き替え版)

2019年12月20日(金)日米同時公開。
ざっとあらすじ。

スカイウォーカー家の “家族の愛と喪失”の物語は、ついに42年に渡る歴史に幕を下ろす。
祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、わずかな同志たちと立ち上がるレイ。
スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託されたー。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け|映画 | スター・ウォーズ公式

時系列でいくとアナキン・スカイウォーカー(ダースベイダー)の物語から始まり、その子供達のルーク・レイアの物語を経て、ラストの3部作は”何者でもない”レイとアナキンの孫カイロ・レンの物語でスカイウォーカー家のお話は完結になります。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

完結ということで、今までの物語を思い出してみることにします♪

今までのスター・ウォーズを思い出す

エピソード1~3:アナキンを振り返る

夫がDVDを持っていたことが見始めたきっかけです。
けっこう以前のことなので、うろ覚えのところもあるかもしれません(^^;

アナキン・スカイウォーカーの少年時代から始まりましたよね。

  • エピソード1はアナキン少年の冒険劇。
  • エピソード2はアナキン青年とアミダラ女王との恋。
  • エピソード3はアナキン、ダークサイドとの葛藤。

という記憶です。

エピソード3は公開初日に劇場へ見に行くほどにハマっていました(〃▽〃)
私の中でエピソード3がスター・ウォーズの中で一番最高だったと思っています。

アナキンの心情がよく描かれていて、ダークサイドに堕ちていく様が理解できてしまう。。。

オビワン師匠との戦いが本当に迫力があってすごかった。
見てるだけで手に汗握る感じをまだ覚えているくらいです。

上映終了後、劇場内に拍手喝采が起こったのはこの映画が最初で最後です、今のところ。
公開初日だったということで、熱心なファンが多かったのかもしれないですね^^

エピソード4~6:ルーク・レイアを振り返る

スターウォーズといえばエピソード4~6ですよね。
ルーク・スカイウォーカーが母親のホログラム(?)のメッセージを見て、オビ=ワン・ケノービを探す旅に出る。

親がよく見ていたな~という印象で、おそらくアナキンのシリーズを見た後に一度全て見たはずですが…。
アナキンの印象が強すぎてルークのシリーズの記憶が曖昧(;´∀`)

確かルークはレイアのこと気になっていましたよね!
キスシーンもあったし!
でもレイアはハンソロ一筋?

って、記憶はそこかい!笑
改めてまた見た方がいいですね(p_-)

エピソード7~8:レイを振り返る

どこかの惑星で貧しく暮らしていた女の子レイが、ストームトルーパーから逃げ出してきたフィンと出会い、物語が始まります。
レイには何故かフォースの力が秘められていて、その力を次第に発揮させていきます。
何気に宇宙船の操縦も上手という、、なんでもできちゃう人。

なぜフォースが使えるのか?
過去の記憶は何なんだ?
遠くにいるカイロレンとなぜ繋がれるのか?

レイは『何者でもない』という表現がされていて、何者でもない子がフォースの力を使えるの!?と、当時レイの正体を調べまくった記憶があります。笑(結局わからず)

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

レイの正体は、今回のスカイウォーカーの夜明けで明らかになります

スカイウォーカーの夜明け感想(ネタバレ含む)

スカイウォーカー家の完結編として、満足のいく最高の映画でした。
ここからネタバレも含まれるので、見たくない人は次の見出しへ飛んでね(^^)/

ダークサイドとの戦い

ジェダイになると、皆一度はダークサイドに堕ちるかどうかの戦いになるのか?
と思うほど、皆葛藤しますね。
レイは純粋にまっすぐ進んでいくのかと思っていたけど、やはりダークサイドとの戦いが。

理解しあっている雰囲気のカイロレンとの友情?愛情?、そしてルークなど歴代のジェダイ達が、その思いを吹っ切らせてくれたように見えました。

ダークサイドに堕ちて行ったジェダイには、いつも悲しい誤解が潜んでいる。
アナキンの時もそうだけど、カイロレンも本当はそこまでダークサイドの気持ちはなかったのではないだろうか。

偶然にも襲い掛かってくるルークを目の当たりにしてしまい、誤解がどんどん大きくなりついにダークサイドへ。。

そのカイロレンもレイがいてくれたおかげで、最後には分かり合えた。
カイロレンの変化にはとても感動…。

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

ラストシーンでの、レイの一言も良かったなぁ
これぞ、スカイウォーカーの夜明けか!と納得

とりあえず大ボスのパルパティーンて誰?ってくらい記憶がないのですが、アナキン時代から出てた人のようなので、エピソード1から見返してみたいです。

癒しのフィンとドロイドたち

フィンは前作からモテ期が続いています。笑
肝心のレイとの関係は残念。
かわいそうだけどモテてるからいいよね、と思っちゃいます(・´з`・)

ドロイドたちも可愛かったですね^^
BB-8可愛すぎる。
C-3POも見どころがあって、R2-D2との友情がすごく良かったー!

レイア姫

レイア姫の俳優さんが前作終了後に亡くなっていたことを、この映画を観に行った日に知りました(^^;
なんと命日だったようで、Twitterで知りました。

今作は撮影済だったものをうまく使ったようですよね…。
すごい。そんな風には見えなかったので。

レイア姫もハンソロとの恋や、カイロレンの母として、レジスタンスのリーダーとして、素敵な女性でしたね。

人気キャラクターランキングに驚愕

2020年1月10日にNHKで『まるごとSTAR WARS』という番組がやっていたんです。
偶然見ることができ、スターウォーズの取材やディズニーのアトラクションなど、楽しく見させてもらいました。

その中で人気キャラクターランキングがあり、非常に興味深い結果だったのです。

まず10位以内に、ルークもレイも入っていない…!!
ジェダイのヒーロー的存在なのにΣ(・ω・ノ)ノ!

かわいいドロイドたちや、ハンソロなどは人気です。
ランクインしていました。

そして第1位は…!!

記憶が曖昧だけど、確か『ダースベイダー』でした!

中の人であるアナキンも2位か3位という好成績。
ダークサイドに堕ちているにも拘らず人気なんですね~。

エピソード1~3でアナキンのエピソードをしっかり描いているからでしょうか。
私もアナキン好きですが、オビワンも好きです♡ユアンマクレガーの

ゆずいろのアイコン画像ゆずいろ

そんなランキングで、とても面白かったです。笑

最後に

大好きなスターウォーズのシリーズがひとまず完結しました。

私としては納得のいく終わり方で、一緒に観た小5の息子もとても面白かったと言っていました^^
前作『最後のジェダイ』ですら途中で飽きた息子なので、最後まで観られるのか?と思っていたけど映画館マジックで大丈夫だったようです。笑
しばらくスターウォーズ話で2人で盛り上がれました(〃▽〃)

スカイウォーカーでないお話はまた作るそうですよね。
そのいつかをまた楽しみに待っています。

ブログ仲間のれいっちょさんの感想は、色んなことが詳しく書かれていて読み応えたっぷりでした!
初めて聞く、4DX3Dで見たそうです。

最後に、こんなに面白い映画をありがとうと言いたい。

ありがとう、スター・ウォーズ!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる